人手不足に活きる人材紹介という都合の良い仕組み(1)

不況に負けない人材紹介

少子化時代の人材紹介は、利用しない手はない

人材紹介を依頼するのに費用は一切必要ありません。「こんな人材が欲しい」と相談し依頼するのは無料です。「こんな方がいますよ。会ってみませんか」と履歴書を示しながら紹介を受けても無料。その上、面接しても無料です。

更には、その結果が不採用なら、何の金銭的負担も無いまま無料です。成功報酬制であるため、採用がなければ費用は発生しない。そう、1円たりとも支払う必要がない。

このように求人広告は、「広告を出す対価」として費用を支払うもので結果の有無にかかわらず掲載料として金銭負担があることに比べて、人材紹介は「人の採用」に費用を払うため、結果が出なければ一切無料というわけ。同じ人材採用でも全く違う仕組みなのです。

こんなに都合の良い方法があるなんて、面白いと思いませんか。

成功報酬という点、現在の求人環境なら採用時にのみ、対価が発生するという仕組みは、費用対効果は非常に高いと思います。なぜなら、目的は人を「採用すること」であって

「広告を出すこと」ではないからです。

求人広告は、人口が多い時代なら広告で募集する意味がありました。現在のように人口減社会では確率的に意味をなさなくなります。それなら「本来の目的である採用にフォーカス」した人材紹介の仕組みが有利という訳です。

人材紹介を依頼すると紹介会社は自らの費用、経費をかけて対象者を(募集)探します。

これって採用されないリスク(無報酬)がありえます。有料求人広告の逆。成果が無くてもその費用負担は紹介会社です。求人側にとってはホントに都合の良い仕組みでなので採用したい場合、利用しない手はありません。

ただし、紹介会社は単なるボランティアではありません。

無料ということは、例え紹介依頼を受けたとしても、その時点で対価(支払)を得ていない以上、「紹介できる」という状態にすぎないのです。つまり、難しい求人、報酬が低い 求人は行動を起こさないという選択肢もあります。依頼内容を選り好みができるということ。

つまりは紹介報酬が高額な依頼を優先して扱う可能性がるということです。

あたり前のことながら依頼者が気に入る人材を探すのは紹介会社と言えども大変です。業者と言えど特別な方法などありません。多大な広告費を掛けて求人し紹介できる人材を探しストック。見つかったとしても採用されないリスクもあるわけで積極的に動けるのはリスクを回避できるリターン(報酬)がある人材が優先というわけ。。

では、その報酬は、どのような仕組みになっているのでしょう。

紹介料の仕組みは単純です。紹介した人材が採用された場合、その人材の年収に対して30~35%です。この業態が成り立つ理由は、このような報酬率が国(厚生労働省の許認可)によって認められているからです。

そのため無報酬というリスクを顧みず営業できるわけです。当然年収が高ければ高いほどリターンが大きくなります。 不動産業のようなイメージですね。お

客様の要望に対して色々提案して、物件を案内し、気にいって頂いたら契約。そこで初めて報酬が発生するが、気に入った物件が無ければどれだけ提案や案内をしても報酬は発生しない。よく似ています。報酬が少ない、探すのが難しい依頼に対しては良い顔をしない点も似ています。

これらの点で工場の現場人材などは通常の人材紹介業とはあまり親和性が良くありません。

ビジネスモデルとして年収が高く高額なリターンを得られる人材を想定している会社が多いからです。工場や現場の人材の依頼を受けても登録自体が少なく、探すための広告費用をかけても年収は多いと言えずリターンが低いと判断される。通常の 人材案件に比べて少ない。

「労多くして功少なし」ということでしょうか

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました