人手不足に活きる人材紹介という都合の良い仕組み(2)

人材紹介人材紹介

私共は、工場専門の人材紹介会社でございます。

もちろん、厚生労働省の審査を経て許可を得た正式な紹介業者です。同じ紹介会社でありながら私共が何故経費リスクの多い工場人材専門の人材紹介を始めたかご説明しましょう。

私共の本業は、機械買取・貿易業でございます。日本製の中古機械を工場から買取り、海外、主に東南アジアの国々に向けて輸出しています。

職業柄、機械の査定や買取りで多くの工場に出入りします。この数年、多いご相談は廃業です。そして、その多くが景気のせいではなく後継者がいない、居てもやりたがらない。そして、従業員の高齢化です。に尽きます。人を採用しようと努力をされてきたようですが。ここまでご制つめ石た通り、募集すれども来ない。来ても続かない現実がそこにあります。

悔しいですね・・・。

でも日本の高齢化社会はこれからが本番、年を追って人口は減り続けます。今後も工場に人材が行きわたらないのは明白です。つまりは今こそ将来を見据えて前向きな行動をとらねばなりません。

このままでは、更に廃業が増えていくのは明らかです。何とかできないか・・・何かできないか・・・

そうした中で貿易業として培った海外との接点を活かすことで始めたのが海外の人材を日本の工場に紹介するこの事業です。必要とされる人員を工場に紹介することで工場の存続をはかり、少しでも日本の誇りである「ものづくりの灯」を守れるのではないか。そう思って始めた事業です。

・ 中古機械の売買業者として工場が少なくなることに危機感を抱くのは自然の流れでした。

 ・ 工場に人材は絶対に必要です。

 ・ 機械も売り上げも人材あってのものです。

・ 人材無くして工場の稼働はありません。

貿易会社の私たちが推薦する解決策は簡単です

海外に目を向け、意識を変えるだけ。

解決策は、「人がいないなら、人がいるところから採用すれば良い」それが海外だったということです。

私どもは貿易会社として東南アジアを中心にタイ、ベトナム、インド、マレーシア、フィリピン、台湾、韓国、中国、インドネシア、ミャンマー、ラオスなどの国々と日常的に取引してきたため多くの顧客、太いパイプ、コネクションを持っています。

実は、東南アジアの多くの国の人口動態。年齢別の人口ボリュームは、日本と正反対、求職者の方が求人より多い。人が余っている状態です。つまりは、選び放題。多くの中から良いと思える人材を選ぶことができるということ。

しかも、若い世代が多く、何かしらの技術や資格を有している人材も多い。そんな人材は国内でよりも海外で自分を試したい。稼ぎたい。と思うのは自然の流れ。

私たちが「海外の人材」をご提案させていただく訳がここにあります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました