海外人材の求人例(どんな人材が欲しいですか)

外国人材で欲しい人物像人材紹介

外国人労働者を雇用することは簡単です。

私共に必要な人物像をお聞かせくださるだけで結構です。こんな人材が欲しい!こんな技術を持ってる人材はいるか?など、ご希望をお聞かせください。

あとは、現地での求人から一次選考の後、履歴書提示、面接まで!すべて私共が採用までご案内いたします。ご希望の内容を基に弊社の費用でベトナムで求人。選考を経てまずは履歴書としてご提示いたします。その上で会いたい人材がいれば、ご面接を経て採用という運びになります。

採用まで費用はかかりません。

面接は現地でも日本国内でPCを用いて行うことも可能です。

求人例

・職務   (例、工場内機械造作、事務、フロント業務・・・)

・年齢条件 (例、20歳~30歳)

・性別条件 (例、性を希望)

・必要な条件(例、マシニングセンター、NC旋盤、翻訳、通訳。受付・・・等々経験者)

・性格条件 (例、明るくて前向き、笑顔が良い・・)

・健康条件 (例、体格の良い、力持ち、華奢でも良い・・・)

・日本語条件(例、日本語能力試験2級、4級でも良い、問わない・・・)

・時期条件 (例、スグに来てほしい、半年後までに・・・)

・その他  (何でもご希望をお聞かせください)

どんな内容でも結構です。まずはご希望をお聞かせください。そこからすべてが始まります。

採用までの7ステップ

  • マッチングした応募者を写真付き履歴書で複数ご提示
  • 書類選考
  • 面接(ベトナム、国内PCにて)
  • 内定(現地にて入国許可が得るまでの間を利用した「日本語」「習慣」などの教育を実施)
  • ご契約
  • 入国管理局への書類作成と提出
  • 来日

ビザが下りるまでの期間は、季節で変動いたしますが概ね2か月~3か月です。

現地では、この期間を利用して来日前の日本語や日本での習慣や礼儀などの基礎を教えます。来日後の戸惑いを排して早期の定着をはかるためです。

入国管理局から入国許可書が届きましたら、いよいよ来日する日を決め航空券の手配を行います。来日する当日は弊社が空港に出迎えの後、午前中は弊社内にて事前ミーティング。

午後には待ちに待った貴社様にお連れしてご紹介申し上げます。

その日は、役所への届け出なども代行させて頂きます。住まいと日用品の確認、生活に必要な買い回り先の案内などを経て、翌日は、朝から出社、弊社がサポートしながら職務内容の説明や業務のフローなどを伝えてまいります。希望に満ちた人材です。どうかよろしくお願いします。

 

人の問題は工場にとって死活問題です

機械を遊ばせたり、受注を制限するなどの機会損失は避けねばなりません。また、日本から「ものづくり」の火を衰退させたり、消すわけにはまいりません。だからこそ私たちは、海外の外国人労働者をご紹介する部門を立ち上げました。非常に手間がかかりますが使命感を持っています。

どうか安心してお任せください。

私たち自身も貿易業者として過去、人材募集で苦労した経験があり、その私たちの想いを繰り返さない。是非、「回り道をしない」で頂きたいという想いがございます。

回り道すれば、コストも無駄な時間も必要です。特に改善の見込みのない現在の求人環境は待ったなし。早めに取り組まれることが必要だとの信念をもっています。

海外人材は弊社自身が体験している通り、戦力になります。そして日本での求人は待てども来ません。会社の存続に人材が不可欠とあるならば海外人材を一度といわず検討することを強くお勧めします。

日本の人材のパイは増えませんし、求人すれば来る時代でもないことはご理解いただいたと思います。

事業の将来を考えるにあたり、いつかは海外ではなく、今こそ海外です。人がいないなら、いずれかの段階で海外の人材に頼らねばならない時代です。

そのうち、ということで先延ばし、本当に苦しくなって皆が「右へ倣え」状態になった時に初めて海外に目を向けたのでは遅く、良い人材がいる保証はありません。 

今すぐ考えを変えてください!今や外国人と一緒の職場で働くなんて超普通。日本人だけでなんて、それはもう幻想です!私たちは、海外人材に活路を見出そうとされる企業様のために存在しています。

最初、ご不安や、ご懸念があって当然です。でも将来を見据えて考えてみようとされるなら是非一度ご相談いただければと思います。もちろんご相談だけでも結構です。まずは前向きに一歩踏み出されることこそが人材不足を解決するための鍵だからです。

日本の現場を明るくしたい。それが私たちの願いです。貴社様のご事業が盛大であられますよう願ってやみません。心から応援しています ご希望人材をお聞きする日を楽しみにしております。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました