気になる海外人材の日本力

外国人材の日本語力

海外人材の紹介業をしておりますとご説明先の多くの会社様からご質問いただくことに日本語力があります。工場の現場で指示が理解されないのではないかと心配されるのです。たとえば工場の現場は危険が一杯あります。その注意した言葉を理解できないと困ると思われるのは当然です。

私たちがご紹介する海外の人物は、ご紹介時点で日本語や習慣などの勉強を開始しています。まったく日本のことも知らないし、日本語もなじみがない人物はご紹介しないよう注意して選択しています。日本語は難しいので取得は簡単ではありません。しかし、日本で働きたい人材は一生懸命勉強します。

ほぼ全員が「みんなの日本語」という教材で学んでいます。どこまで学んだかで大体の日本語力が分かります。中には日本語検定を受験して4級、3級を保持している人材もいます。ただ、日本語ができるとそれは外国人材にとって重要な資格なので、日本での給与水準を上げてやらねば採用が難しいことがあります。一種の資格手当のようなイメージで対処頂くことが多いですね。

なので来る人材がすべて日本力が高い必要があるかというと、そうではなく、中にこのような日本語のレベルが高い人材を加えておくと通訳代わりにもなり何かと便利です。中には以前、技能実習生として来日経験があるという人材がいる場合もあります。日本で暮らした経験があり、その人物によりますが日本語の理解が進んでいる人材もいます。ただし、このような人材も人気があるため、早い者勝ち、多少の給与アップなどの必要があることがあります。

ただし、技能実習に来日していたからと話せるわけではありません。大人数で来日した場合などは仲間内で話したり過ごすことも多く、上達しないまま帰国する人物もいるからです。結局は人物本位ということです。その点は日本人と変わりないですね。

日本語ができないと・・・と心配し過ぎも良い人材を逃がすことになりかねませんのでご注意が必要です。日本語はある程度学んできますので、後は実践です。日本に来て日常生活を過ごせば否が応でも上達スピードは早くなります。ただ敬語などは日本人でも難しい場合がありますのでまずは意思疎通から始めていただければと思います。ポイントは、色々話しかけてやってほしいのです。話す回数、聞く回数が多ければ多いほど上達は早くなります。

また、私たちがご紹介した人材をご採用いただいた場合は、私どものベトナム人の日本語検定でN1もしくは、N2といった日本語を不自由しない社員が貴社様をフォローさせて頂きますのでご安心いただければと存じます。これらご心配や不安、不明点は何でもいつでもお問い合わせください。喜んでご説明させていただきます。

✅ 私共がご紹介する人材は、この②の収録目的人材です。
無料でご希望の人材をリストでご提供。その後は、ご面接から入国、着任とその後を弊社の「海外人材活用アドバイザー」が全面サポート。安心して海外の人材をご採用頂けます。

海外人材紹介 → https://hr.secondhand-machine.net/

コメント